鳩撃退をすることによって予測できる問題を回避しよう

鳩対策はプロに任せることで安心~倉庫内で鳩が巣を作る場所~ 鳩対策はプロに任せることで安心~倉庫内で鳩が巣を作る場所~

倉庫は鳩が住みつきやすいスポット~鳩撃退の重要性~

倉庫

倉庫には出荷予定の商品が大量に保管されています。この倉庫に鳩が入ってくると、倉庫の管理人は非常に迷惑をすることになるでしょう。鳩によって、大事な商品に糞が付いてしまわないかと常に心配になってしまいます。こういった被害から守るためにも、鳩が巣を作りやすい場所を知っていきましょう。

倉庫のここに住みつく

H鋼フランジ
このH鋼フランジは工場内でも特に、鳩が営巣しやすい場所です。天井に面したH鋼の部分に営巣をするので、対策がしづらく厄介です。鳩は日中外の屋根に待機していることが多いですが、夜になると巣を作ったH鋼部分に戻ります。
屋根開口部
H鋼部分と同じく天井までかなりの高さがあります。通常の脚立を使っても、天井に手を付けることすらできない程の高さがあります。このような高い部分に巣を作られると駆除する際、とても手間がかかるでしょう。
リップ溝形鋼(Cチャン)
リップ溝形鋼に営巣をするケースは基本的にはありません。しかし、H鋼部分をネットで塞いだ時に、鳩が待機ポイントとして居座るのがこのリップ溝形鋼です。鳩は執着心が強いという性格をしているため、自分の巣があるH鋼部分に戻れなければ、ずっとこのリップ溝形鋼に待機します。

鳩はH鋼を好み巣を作ることがよくあります。H鋼は大抵天井を通っているのでとても高い位置にあることがほとんどです。H鋼部分以外にも、屋根開口部にも巣が作れる環境があります。鳩にとって倉庫の天井は巣を作りやすい環境にあるといえるでしょう。

倉庫は特に注意が必要

倉庫を管理されている人は早めに対処しましょう(専門業者)

鳩が原因で様々なトラブルが発生することがあります。鳩は雨や寒さをしのぐことができる環境を好み、定住します。そのため、飲食店や倉庫は鳩にとって住みやすい環境が整っていることがわかるでしょう。飲食店であれば、鳩の糞によって不衛生さが問題となります。倉庫であれば、鳩の糞が荷物に付着することで病原菌が荷物に移り、顧客のところへ運ばれるという重大な問題が発生することでしょう。会社の信用問題に関わってくるので注意が必要です。

しっかりとした対策を行ないましょう

鳩を寄せ付けないために、鳩撃退方法を模索して試すことがあるでしょう。しかし、自分で行なう鳩撃退方法は一時的な効果しか期待できないのです。倉庫にいる鳩を確実に追い払いたいのであれば、鳩撃退を専門としている業者に任せて、鳩を寄せ付けないような環境を作ってもらいましょう。

アイテムによっては効果が薄い

ハト

鳩撃退方法として、広く世間で知られているのがCDを吊るすというものでしょう。CDを吊るすことによって、太陽光が反射します。この反射が鳩に威嚇効果があるので有効とされているのです。しかし、鳩に同じ手は何度も効きません。そのうち、慣れてしまい、危険がないとわかると居座ります。

鳩撃退はプロに任せる

倉庫や自宅のベランダに鳩がくるようになったら対策を始めましょう。鳩撃退するためには、忌避剤などの対策グッズを利用すると良いです。鳩撃退は、法律の範囲内であれば自分でも行なうことはできますが、簡単に上手くいくものではありません。鳩撃退をする内に精神的に疲弊していき、最終的にはノイローゼになる可能性も十分にあるのです。根気がいる鳩撃退はプロに任せるのが1番といえるでしょう。

TOPボタン